ご案内

給湯器の寿命で、給湯器の交換をしなくてはならない時がいつかはきます。
給湯器はなかなか普段気にもしないところですから、故障のサインが出ていたとしても、外に備え付けられていたりするので気が付きません。また、寿命で少しずつ異常があったとしても、普通に使えていてお湯が出たり、風呂に湯が張れて追い炊きもできていたりすると、まだまだ大丈夫のような気もします。

千葉のエコジョーズの交換の最新情報を紹介します。

しかし、給湯器の寿命も、家電全般と同様で10年から13年ぐらいだそうです。

15年も使えれば、ラッキーな方だということです。

そんな給湯器の交換のために蓄えておくことはまずないのですが、給湯器の交換には割りとお金がかかります。広告などでよく給湯器の価格が載っていますが、本体価格のほかに、リモコンや附属品、工事費や工賃などで安くても12万円から、高いものでは30万円以上になるのは普通です。価格が安いものというのは、型が古いもので容量も小さいものです。また、機能も最低限のものしか付いていない場合がほとんどです。
価格が高いものは、ガスなどの燃料をできるだけ少ししか使わないようにしているエコタイプのものです。

容量は大きくなればなるほど高くなり、機能も細かいものまで付いてくるとその分だけ更に高くなっていきます。


機能は、使い手の生活スタイルにあったものを選べばいいので、あとは購入時に少し効果にはなるがあとあとのことまで考えてエコタイプの給湯器にするか、購入時に安い従来品にするかだと思います。